マリアさん@187話 「巷に雨の降るごとく」

ここでは、「マリアさん@187話 「巷に雨の降るごとく」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去編も、今回が最終話のようです。
そんな187話「いつか、雨が上がったら」の感想です。

ハヤテは、アーたんとの別れを、まだ受け入れきれていない様子。
・・・もう1つの世界にいる、アーたんと同じように。

突き付けられた厳しい現実を受け入れるための最良の策は、時間経過しかないですしね。
もっとも、この後のハヤテに、それに思いを馳せる余裕自体あまりなくなりそうではありますが。


一方、ハヤテの兄が、三千院紫子・・・ゆっきゅんらしき人物と話していました。
そんな中、助けてくれたハヤテ兄の事を、さり気なく「ヒーロー」と評するゆっきゅん。
ピンチの時に助けてくれる人物を「ヒーロー」と呼ぶ風習は、今も昔も同じようで。
それがナギや伊澄など、子供の世代にも自然と受け継がれているように。

・・・三千院家の関係者にとって、「ヒーロー」には特別な意味合いでもあるんでしょうか?


いずれにせよ、兄弟揃って三千院ご令嬢のヒーローになろうとは、奇妙な縁もあるものです。
これも運命、英語で言うとデスティニーなのでしょうか?

私としては、マリアさんが心底「ヒーロー」と呼べる人に出会える事を、ひたすら願うばかり。
まぁ、私がそれになれればいいのかもしれませんが、それはまた別のお話。




さて・・・現実時間に戻ったハヤテ。
寝起きのハヤテの前に現れたのは、マリアさん!(・・・とナギ)
181話で天球の鏡内でそのお姿をお見せして以来、6週ぶりのご登場です。

その美しさは相変わらずなのですが、何やら眠そうなご様子。
しかし、あのマリアさんが、元気一杯のナギの横で眠そうにするのは少々不自然。

・・・もしや、何か夢でうなされたりしたんでしょうか?
ハヤテの持つ魔石の影響を受け、夢で過去の出来事に遭遇したとか?
マリアさんの夢の中で、2人に鏡から「見られる側」としての、夢を。

それとも、このお屋敷には「天球の鏡」が保管されていて、
それがマリアさんの精神波と何らかのシンクロをおこしたとか。
マリアさんが普段使う鏡の正体が実は天球の鏡と関係があって、
それと魔石の化学反応で変な夢を見てしまったとか、そんな流れを妄想。

何はともあれ、久しぶりに作中内でマリアさんと再会でき、ホッと一安心です。


最後は女神の名を持つアテネが、三千院帝の名を呟きつつ過去編は終了。

その一方、聖母マリアの名を持ち、三千院帝の教育を受けたマリアさん。
何だかんだでアーたんとの関係が気になりつつも、感想を終了します。



トラックバック送信先
360度の方針転換
ワカメ髪=若女神→マリアさんは若い女神なんですね、分かります。
・・・前髪理論とは、実に奥の深い学問だったんですねぇ・・・。

わたら瀬川の泉 ~だいまどーしいいんちょさん~
畑先生自身が「ナイスバディ」なんて単語を持ち出しているわけですから、
そこに反応するのは今回に限っていえば正常なのかも分かりませんね。

miraの不定期日記
・・・と言いつつ、来週からもアーたんが出続けても違和感はないかもです。

サクラ咲く夜に
10年後の姿ですか・・・多彩な顔ぶれなので、想像のしがいがありそうです。
そんな10年後の咲夜の横に誰がいるのかも、気になる所ではありますが・・・。

タカヒナの乱雑日記
「女王」なのはともかく、アーたんがどうにも「悪」には見えない面もあるかも。
憎悪のようなものを抱いているという意味では、悪なのかもしれませんが。

蒼のごとく!
謎の執事が、いっぱいいるという兄弟のうちの1人・・・なくはないかも。
まぁ、だとすればストーリーには到底絡んでこなさそうでもありますけどね。

今の気分±0
笑顔が出番の有り難味を物語っているとは、ヒロインらしい態度です。
1度も再登場の機会すらないサブキャラには、絶対できない芸当ですし。

執事はお嬢様の為に翔け巡ります
とはいえ、物語の進行ペースが加速するとは思えないのもこの漫画の特徴。
・・・まぁ、ゆったりしている分、長く楽しめるわけでもあるんですが。

気ままな道の先
長すぎでしたか・・・まぁ、物語の核心に迫る話なので、当然にも思えますけどね。
もっとも、今までのノリとのギャップに違和感があるのも確かでしょうけど・・・。

くるくるばたばた
「2つ」である場合、対になる言葉の方が自然ではありますしね。
一方で、ハヤテ兄が不在だった理由はまぁ・・・どうなんでしょう?
普段からいないらしいですし、根本的な原因は別の場所にあるかもですが。

残滓の詰め合わせ。
帝側から見たアーたんというのも、ちょっとばかり気になるかも。
アーたんという存在をどの程度把握しているのかとか、そういうのが・・・。

Hail to Mr. INTERVAL!!

アーたんは敵ではありますが、昨日の敵は今日の友・・・という格言のように、
マリアさんが悪に満ちた魂を鎮めてくださる事に期待しておきます。

しっぽきり
現在の少女の傍らにいる少年はすぐに戻ってきてくれはしますが、
過去の少女の傍らにいた少年は戻ってこないという現実が、あったりなかったり。

夢の残滓
・・・本当にあの両親から生まれてなかったら、それはそれで衝撃的かもです。

精霊王様の城
クラウスの誕生日・・・そういえば、まだ生き霊のままさ迷っているんでしょうか?
・・・実はロイヤルガーデンの悪霊が、クラウスさんと関係があったりして。

太陽6000度で焼いた餅
ハヤテ兄が虐待の類を心配するのは考えるまでもないことであり、
むしろその先の、それへの対策を兄がとっていたかどうかが問題のような気が。

さくら日記
そもそも、この作品での「ラブラブ」自体が今後あるかどうかが怪しいところ。
・・・そういうのも含め、過去編は異質な物語だったのかもしれません。

~器用貧乏人宝~
その新校舎ができた時期や場所が偶然の一致をみたのか、
或いは新校舎の存在そのものが誰かの陰謀と絡んでいたりするのか・・・。

tanabeebanatの日記
誰と誰が対峙するのかという論争は、今後もネタには困らなさそうな予感。
もういっそ、3人ともメインヒロインなら・・・余計ややこしくなりそうではありますが。

はやく目を覚ませ
1日単位での「ずっと」なら、ハヤテも了承できる立場なんでしょうね。
それが一生涯となってくると、アーたんの過去が絡んできたりもしそうですが。

Como el viento racheado
トゥルーエンドの「2つの言葉」がどう絡んでくるのか、妄想し放題ですね。
「ありがとう」そして「さようなら」とか・・・何か違うかも・・・。

清く流るる泉の如く
「出会いの数だけ別れも増える」わけですしねぇ。
・・・そんな表現が、私の好きな曲目にあったりなかったり。

この世のすべてをナギ倒せ
実に会長らしいわかり易い反応で、何だか羨ましくなってきます・・・。
私にも、そういう真っ直ぐな愛情表現ができればいいんですけどね・・・。

ハヤテは俺の嫁!
ハヤテファンとしては、どのカップリングを推奨するかというよりかは、
必然的にハヤテとお似合いの相手を選びたくなるものなのかもです。

ネスの日記
確かにあの眩しさは、それまでの展開からすると刺激が強いわけですが、
・・・マリアさんはもっと眩しいからスルーしているんですね、わかります。

そして僕たちは西へ向かった
そういえば、西沢さんも久しぶりの登場だったんですね。
・・・「心を鈍感に」に気をとられて、触れるのを完全に忘れてました・・・。

意味不明な小部屋
帝とアーたんとの接点がナギにまで及んでくるかは分かりませんが、
ハヤテの存在が2人の関係を占う重要要素にはなりうんでしょうね。

眞華の感想日記
何故だか、シャルナの家族という説が所々で見かける不思議。
・・・これはある意味、彼女の安定した人気を証明しているのかもです。

ヒナギク様をみてるっ!?
2つの感想を書く上では、どうしても付きまとう事になる悩みですからね。
支持キャラクターに常に程よい出番があり続ける、というのはそうないでしょうし。

乱文乱舞ランブル
あれ以来の「あれ」のタイミングがどのあたりなのかによって、
アーたんまでも入れなくなった理由も分かりそうではありますが・・・。

colorless無色の日記
もう1人のメインヒロインが選択の鍵を握る可能性がありつつも、
しかしそのポジションはメインではなく今まで通りの傍観者のような気も・・・。

西向くままに
普段のギャグがなくても惹きこまれる漫画・・・末恐ろしい作品ですねぇ・・・。

ここはおいらの下書帳
アーたんが1周目攻略可能ヒロインになるかどうかは分かりませんが、
私の中ではむしろ「0周目攻略可能」なヒロインと思っていたりいなかったり・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puremaria.blog39.fc2.com/tb.php/29-ed2f9dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アーたん編がようやく終了しました。 10週連続でしたか・・・・。すごく長かったけど、裏を返せばそれだけ物語の要素を含んでいるってことですよ。きっと。 それでは今週の感想です。 ・ハヤテの兄、姫神と・・・ ハヤテを見つける直前に、姫神は誰か女性と一緒にいました
2008/08/06(水) | わたら瀬川の泉 ~だいまどーしいいんちょさん~
見た感じDはありそうだ…
2008/08/06(水) | miraの不定期日記
 綾崎兄の初登場、かなり年の離れた兄弟で人に親切して感謝されている様子からイメージするに、酒乱でも馬鹿でもなく誠実な雪路ってところか――もはや、まったく別物にも思えるのだけど、まとうオーラが似ている。同じ目線にたった語りかたが綾崎父を連想させて怖いんだ...
2008/08/06(水) | 360度の方針転換
キャッチコピーか・・・そうなると難しいんだよなぁ CMそのものならFE暗黒竜とVPなのだが ただ、インパクトならあれだよね ファイア...
2008/08/06(水) | 蒼のごとく!
雨の中をひとり歩くハヤテ 石に躓いて転んでしまうが・・・もうその手を取ってくれる者はいない 伸ばした手はただ虚空を掴むのみ・・・ ハ...
2008/08/06(水) | 夢の残滓
さて、今回はまともな感想に挑戦です!
2008/08/06(水) | 精霊王様の城
長かった過去編も今週で終了 3,4週で終わると思ってたら単行本1巻分くらいの内容かー
2008/08/06(水) | 今の気分±0
第187話 THE END OF THE WORLD? いつか、雨が上がったら ようやく…と言ってもいいのだろうか? 今回でアーたん編が終わりました。 単行本ほぼ1...
2008/08/06(水) | サクラ咲く夜に
ハヤテのごとく!第187話 THE END OF THE WORLD? いつか、雨が上がったら の感想 よし。 マリアさん、好きだ!!結婚しよう!! 目をつぶってる...
2008/08/06(水) | 太陽6000度で焼いた餅
ハヤテとアーたん、二人は主と執事、大切な友だちそして恋人同士でした。 お互いを大切に想うからこそ二人はすれ違い、剣を交える事になりました。 その結果、ハヤテとアーたんは決別して、現在へと至る第187話の感想です。
2008/08/06(水) | さくら日記
ハヤテのごとく!第187話「THE END OF THE WORLD 10 いつか、雨があがったら」 いよいよ過去編も終わりを迎えますね 合併号ということで、ちょうど...
2008/08/06(水) | はやく目を覚ませ
新たにブログを作りました。 作った理由は…まぁ、リンク先を参照していただければ大体分かるかと思います。 それはさておき、感想は水曜...
2008/08/07(木) | 清く流るる泉の如く
ナギたーーーーーん!!!!! おっとすいません。取り乱しました。 だってTCGのナギたんが可愛すぎるんですもん。 特にレースクイーンの...
2008/08/07(木) | この世のすべてをナギ倒せ
今週のハヤテのごとく!は過去編最終話! 本当に長かった…10週にも及ぶ長編は 初めてじゃないかな、かな? 下田編が11話でした…orz こ...
2008/08/07(木) | ~器用貧乏人宝~
1コマながらも圧倒的なる存在感で 麗しくあくびをなさるわたくしたちのマリアさん。 兄、ご登場。 彼は、(半分見えへんけど)ク...
2008/08/07(木) | Hail to Mr. INTERVAL!!
今週でハヤテくんの過去編は終了です。 長かったです(管理人の本音(ぉ!) そして、今回が合併号なので次回のサンデーはお休みですよ。 ...
2008/08/07(木) | 執事はお嬢様の為に翔け巡ります
 ハヤテの過去編のエピローグに当たる回です。本当に久しぶりのナギの登場、そして、ついにあのキャラが登場してきました。 ◆これならハヤテを裏切るような事はないはず  これまでも、各方面で様々な憶測が飛び交ってきたハヤテの兄がついに出てきました。といっても...
2008/08/07(木) | 意味不明な小部屋
つながったな。それはいいのだが… 今週の1コマ+α 上の記事で画像を使ったのでついでにこっちでも使います。 まずはこれ。 これって、こういうことだよね。 12巻 P79より そうそう。つまりこういうこと。 12巻 P69より ゆっきゅんこと三千院紫子さん、だよねぇ。 意味が
2008/08/07(木) | tanabeebanatの日記
畑健二郎先生。 これは正直、伏せておいても問題ないと思いますよ。 読者なんてものには心配させておけばいいのです。 やきもきさせておけ...
2008/08/07(木) | 乱文乱舞ランブル
このシリーズもいよいよ最後です。187話の感想です。
2008/08/07(木) | 気ままな道の先
過去編が今まで2か月余り続き、それまでどんな感想を書いていたのかすっかり忘れてしまいました。 3か月くらい前の感想を読み返してみたのですが…。 「何でこんなにテンションが高いんだろう…。」と思ってしまった。 この過去編を通して、暗い文面が多くなってしまったよ
2008/08/07(木) | 眞華の感想日記
もはや自分が何を書いているのかもわからなくなる過去編感想、 短めですが、続きよりどうぞ。 今週ついにハヤテの兄が初登場となったわけですが、 なんかものすごくカッコよくて優しい方っぽいですね。 最初に相手していたのは、恐らくコミックスのおまけマンガでも活躍なさ
2008/08/08(金) | ネスの日記
過去編ついに最終回!! アーたんと絶交し全てを失ったハヤテ
2008/08/09(土) | 西向くままに
なんだかとても今更ながらではありますが、 過去編の最後のお話となるハヤテ第187話の感想など。 今回はラスト以外は、変に妄想を掻き立てられたりするようなところもなく、 予定通りにBAD ENDを迎えてしまったハヤテの姿がただ哀れな感じでした。 いつかハヤテが...
2008/08/11(月) | ここはおいらの下書帳
なんだかとても今更ながらではありますが、 過去編の最後のお話となるハヤテ第187話の感想など。 今回はラスト以外は、変に妄想を掻き立てられたりするようなところもなく、 予定通りにBAD ENDを迎えてしまったハヤテの姿がただ哀れな感じでした。 いつかハヤテが...
2008/08/12(火) | ここはおいらの下書帳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。