1日遅れ

ここでは、「1日遅れ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月25日は、マリアさんの誕生日・・・の翌日!

どうもこんばんは、れろと申します。
毎度のように数日遅れの反応なのはもはや仕様です。

マリアさんの誕生日といえば、言わずもがな、ハヤテのごとく!がスタートした日。
当のマリアさん視点でいえば、ハヤテにマフラーをかけてあげた、あのシーンがクリスマスイブ。

あの包み込むような温もり、マリアさんはマフラーのような存在そのもの、
と思ったり思わなかったりしつつ、やはりあのシーンが強烈なインパクトだった
ためか、マフラーとマリアさんには不思議と繋がりを感じる所でございます。

そして、マフラーは女性が男性にあげるプレゼントという定型的なイメージも
あるためか、もしかしたらハヤテの誕生日にマリアさんがプレゼントするのは、
手編みのマフラーではないのかと思い始めた次第です。

・・・が、それは割とありえるパターン。むしろ女性的な性格をしていると
マリアさんがハヤテを評していたことを考慮して、あえてマリアさんの誕生日に
ハヤテがプレゼントするのが手編みのマフラー説を推したい所です。
2005年12月24日はきっと雪の日。そして、ハヤテはマリアさんにマフラーを手渡す。
それは、1年前に出会った時にかけてもらったマフラーの温もりが今尚ハヤテの
心に強く残っていて、それを感謝の気持として表したかったとかそんなノリ。
まあそうはいっても、マリアさんがかつて話していた「サンタさんより素敵なプレゼント」
ということでいえばインパクトに欠けるので、たぶん違う展開かなーとも思うのですが。

ちなみに、自分がこのマフラープレゼント説を割と可能性があると見ているのは、
単にお約束とか出会いの際に描かれたとかそれだけでなく、某氏が主張していた
「めぞん一刻との関連性」が1つのポイントだったりもします。
当時もまた、クリスマスか何かのイベント絡みでマフラーをプレゼントするような
お話があり、その響子さんとマリアさんをダブらせて考えるならば、あの出会いのシーンとは
別にマフラーが話に絡んでくると考えるのはそれほど不自然ではなさそうだなと。


まあそんな妄想はともかくとして、ハヤテのごとく!はマリアさんという名のマフラーの
温もりがあればこそ成立する漫画だと思いますし、そんなマリアさんにも、マフラーレベルに
留まらない温もりを与えてくれる人が現れることを切に願いします。

マリアさん、お誕生日おめでとう!
・・・といってマリアさんが心の底から喜んでくれるような誕生日を
迎えられたらいいですねーと思うのでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puremaria.blog39.fc2.com/tb.php/277-5d9ef785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。