改めて89話「I will」を語ってみる

ここでは、「改めて89話「I will」を語ってみる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハヤテのごとく!の第89話「I will」。
何故私がこの話を気に入っているのか、改めて振り返ってみます。

まず第一に、その独特の空気感といいますか、漫画でありながら
この話ならではの「間」があって、それによって引き込まれるものがあります。

ハヤテに誕生日が何時なのか聞かれた時の反応、
誕生日は触れてはいけない話題なのかとハヤテに聞かれた時の反応、
そして、大事な何かをプレゼントするとハヤテが宣言した時の反応。

誕生日というキーワードに対し、必ず間が生まれ、
その後で言葉を紡ぎ出しています。
それだけマリアさんにとっては良くも悪くも思うところがあり、
誕生日というイベント自体が大きな意味を持ってくる本作において、
これらの要素は無視できないものと言えます。


また、自分自身の未来について考える機会のないマリアさんにとって、
自分の誕生日に期待するという描写は、おそらくマリアさん本人が
考えている以上に大きな意味があるものだと思っています。
39話で「未来に期待してはいけない」と嘆いていたハヤテを励ました
マリアさんが、今この瞬間、自分の未来に期待している。
あのやり取りがあったからこそ、89話のラスト1ページは
より意義深いものへと昇華されているんじゃないかと。


この話は、メイドとしてのマリアさんではなく、
あくまで1個人としてのマリアさんが丁寧に描かれています。
それは、マリアさんとしてはもちろん、作品そのものを語る上でも
重要なポイントだし思いますし、話としての面白さや興味深さだけなく、
ハヤテのごとく!の未来への期待値がそのまま私の「好き」
という感情に繋がっているのかもなぁというお話なのでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puremaria.blog39.fc2.com/tb.php/263-d7d3cd08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。