マリアさん@348話

ここでは、「マリアさん@348話」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週はマリアさん回ということで、
感想も書いてみます。

今回マリアさんがガーデニングで育てようとしていたのは
食べ物ではなく綺麗なお花。


マリアさんに比べればどんな綺麗な花も霞んで見える!
・・・などとアレな発言をするつもりは毛頭ないのですが、
ごく初期にもマリアさん自慢の花畑に関するエピソードが
あったように、やっぱりマリアさんといえばお花だなぁと。
もしマリアさんが普通の女の子として育てられていたとしたら、
お花の冠作ってお母さんにプレゼントしたりされたりするような
幼年期を過ごしていたのかもなと思ったり思わなかったり。

まあそんなお花マリアさんに対し、
食物でないことに微妙に冷めた反応をする皆様方。
そこでたどり着いた答えがゴマやパセリを育てるという
選択肢なのですが、確かどちらも栄養価が高かったはずですし、
すぐにこういう選択が浮かぶマリアさんは流石だと思います。

それはそれとして、シャベルを持ったマリアさんに何か違和感が。
まあお花少女の幻想と同じように、小さいなスコップ持って
砂のお城とか作っちゃえる環境にはなかったでしょうし。
・・・どちらかといえば、お城という名の箱庭に囚われたお姫様?
と思ったけどそれはどう考えても昔のアーたんですねーと。


しかしまあ、今週最大の見所はやっぱりナギですよね。
マリアさんが食物育てると解説したあとの・・・微妙な間。
「ふーん・・・」という何気ないセリフ。

あれはですね、ナギがまっ先に「お花」を連想した証拠ですよ。
ナギだけは、マリアさんの考えがよくわかっているという定番の流れ。
この安心感、信頼感はナギとマリアさんの姉妹的とも母娘的とも
とれる関係性があればこそだと思うんですよね。

もっとも、この2人の互いを理解しすぎている感が妙に
強調され続けているのが逆に一抹の不安を抱かせる結果にも
繋がっている気がするのですが、そこがまたハヤテのごとく!の
面白さであり、同時に恐ろしさでもあるんじゃないかと思った次第です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puremaria.blog39.fc2.com/tb.php/252-343affda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。