ハヤテSNS本の感想 サイドマリアさんver.1

ここでは、「ハヤテSNS本の感想 サイドマリアさんver.1」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のしつとら6でハヤテSNS本を買ったはいいものの、
今の立場上感想をどうすればいいのか色々悩み、結果ここでひっそり公開する形になりました。

ハヤテSNS本をお持ちでない方には何が何だかさっぱり分からない内容になってしまいますが、
そこは魂で感じ取っていただければ幸いです。


P.11
日向ミルンさんが描かれたマリアさん(他2名)。

しかし・・・このマリアさんは、実にマリアさんの特徴をとらえているように思います。

まずこの表情。憂いを秘めたこの目がこう・・・素晴らしい。
大人な感じがにじみ出てるというか、微妙に○ロいというか、
弱々しそうでその裏には他を寄せ付けない何かを漂わせている、そんな感じ。
例えるなら、そう、平井堅の「瞳を閉じて」に通じるものがあるわけですよ。
タイトルだけ見たら儚げのようで、蓋を開けてみると力強い歌声に圧倒される、まさにあれです。

なにより、この瞳からは優しさを感じます。
相手を見透かせる余裕さも含みつつ、彼女の基本成分である優しさがこぼれ落ちてます。

それともう1つ・・・手!そう、手がよろしいのです!
両手を体の前でクロスさせる、女性らしさと礼儀正しさを兼ね備えたポジショニング。
このポジショニングを見習いさえすれば、W杯日本代表の守備も完璧!
ということで、今からでも遅くない!マリアさんのポジショニングを真似るんだ!


そしてなんとなんと・・・ナント・ルース!ではなくてですね、
なんと!マリアさんがセンターポジション!いつもの端っこポジションとは訳が違います。
馴染みのあるポジションでないので最初こそ違和感があったりするかもですが、
やはりそこはマリアさん、センターすら余裕でこなせる圧倒的な存在感!
そして、それを可能にする日向ミルンさんのマリアさんイラスト!

言うなれば、センターにイチローがいるようなもの。
脇でも中央でも、余裕でカバー。
圧倒的実力、圧倒的人気、圧倒的魅力・・・!


いやしかし、表紙にマリアさんがいないものだから、読み始めたときは若干心配にもなりました。
そこでこのマリアさんですから、出会った時の感慨深さは言葉では言い表しようがないものでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puremaria.blog39.fc2.com/tb.php/190-0cbd26eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。