解体新書Vol.1 夜更かしにはご注意を

ここでは、「解体新書Vol.1 夜更かしにはご注意を」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリアさんというキャラクターを語る上で、「謎」は避けては通れない難所です。
一方で、そういう未知な部分が、彼女の神秘的魅力の一要因とも言えるわけで。

この「解体新書」では、そんなマリアさんの謎や設定等に焦点を当てます。
これにより・・・すみません、特別深い意味はありません。
単に、膨大な情報を整理するための一助になればいいな~くらいの考えなので。

さて、そんなこんなで、最初のテーマはこちら。

「ハヤテの執事服を仕立て直したのはマリアさん」

・・・実にタイムリーなネタです。
180話で、4話との反復表現が多様されていましたから。


ハヤテとマリアさんが出会ったのは、12月24日の夜。
まず、ハヤテに温もりがこもったマフラーを。
その後、傷ついたハヤテの応急処置。
さらに、ハヤテとの混浴。
深夜、ハヤテ(とナギ)のための夜食作り。
そして、問題の「執事服」も、おそらくはその直後。

・・・ハヤテが羨ましいんですが?というのはひとまず置いといて。

これら一連の流れを見るに、マリアさんはかなり短時間で、
ハヤテのための「執事服」を仕立て直した事になります。
翌朝の時点で、マリアさんは執事服を仕立て直すのを終了させていますし。


・・・マリアさん、いつ寸法とかはかったんでしょう?

3話~4話の間の、作中で描かれていないタイミングというのもあるでしょう。
しかし、それではどうにも面白くない・・・あくまで個人的に。

なので、それ以前にマリアさんは、ハヤテの寸法をはかっていたと仮定しましょう。




・・・こ、混浴時に寸法測定完了?
もしくは、ハヤテが気を失った後、あの状態で!?
確かにまぁ、身体的特徴を正確に捉えるのは、それがベストのはず。


凄すぎます、マリアさん!
恥ずかしがりながらも、メイド魂で冷静&大胆な対処もできるとは!
キス魔のアーたんとは別の、大胆不敵な戦法でハヤテを攻略したと!
裸と裸のお付き合い中に・・・ええ、寸法、はかってもらいたいです・・・


そこでもう1つ気になるのが、その時点では本来、
「ハヤテがナギの執事となる事が確約されていたわけではなかった」という事。

これについては、個人的には2つの説が考えられるんじゃないかと。
1つ目は、未来少女マリアさんのごとく、先の展開を予見していた。
2つ目は、ナギに仕える身として、あるゆる可能性を考慮した行動をしていた。

17億年の時を生きてきた女神様としての判断力と見るか、
17歳の万能美少女メイドさんとしての対応力と見るか・・・。

どちらにせよ、マリアさんが神がかり的な存在である事に変わりはありませんが。


一方で、夜更かしはお肌によくない、という格言を耳にすることがあります。
このように多忙な毎日を送っていると、必然的に心配になってきます。
もっとも、マリアさんの周りには、絶対防御幕「17歳フィールド」が常に展開されていて、
その程度で肌をいためる事もないので、一切問題ありません・・・たぶん。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puremaria.blog39.fc2.com/tb.php/13-4d3ceadd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。