ハヤテのごとく!のマリアさんの幸せを願って止まない、マリアさんFCでした。
当ブログについて
FCへの入会をご希望の方はこちらを、
また、会員となられた方の正式な名簿については、こちらをご覧ください。

banner.png
こちらはバナーです。
貼っていただける方は、お持ち帰りでお願いいたします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週のハヤテを読んだ感想でも・・・。
[265話]の続きを読む
スポンサーサイト
メガマリア
格闘170献身(1)
射撃170偵察(5)
回避170集中(9)
命中170激励(17)
防御100再動(27)
技量370愛(90)
・ゲームチャンプ
・天才
・補給技能
・援護攻撃(25,48)
・援護防御(17,37) 

遥か昔にこの手の事を書いたようなそうでもないような。主に本館で。
まあつまり、マリアさんが愛に目覚めるのはまだまだ先なんだろうなぁ・・・と。
マリアさんは大人っぽいわけではない、大人っぽく振舞っているだけだ。


・・・という話を今日したんですよ、ええ。


実際、1度精神面で崩れると、案外脆い印象はあります。
少し弱みを突かれるだけでボロが出たり、見えないところではちょっと羽目を外していたり。

それがナギの事を考慮して保護者を演じようと必死なのか、何か帝の差金なのか、
或いは別の理由があってそうしているのかは定かではありませんが。
pawapoke_maria.jpg

マリアさんといったら守護神!むしろ守護天使!なのでクローザー!!

・・・いやまあ、それだけです、はい。
今週のハヤテを読んで漠然と思ったこと。

(現時点まででの)ハヤテのごとく!で
最もヒーロー属性があるのがハヤテ兄、
最もヒロイン属性があるのがアーたん。

だから、今週ほどヒーロー&ヒロインを感じさせる話はなかった・・・ような気がするわけです。
木の芽風 響くその名は マリアさん



・・・あ、一応季語は「木の芽」です。
マリアさんは常々ハイスペックだと評されてはいますが、
実際のところハヤテのごとく!内でそこまで飛び抜けてもいないのでは・・・と思うことがたまにあります。

確かに、白皇学院の飛び級記録保持者で常に成績トップだったことを考えると、学力は申し分ないのでしょう。
しかし、それは学生生活において好成績を収めるための能力であって、
一般常識的な知識という意味ではむしろ作中でもかなり下の部類に属してしまいます。
まして、マリアさんは既に立場的には社会人という扱いになるでしょうから、
学力の優位性が生かせる状況にあるとは言えないため、尚更知識不足が大きな問題になってきます。

身体能力については未知数な部分が多いので何とも言えないところですが、
ナギがさらわれた際に咄嗟に対応出来ていないところを見ると、
101話で見せたような護身用の能力程度しか持ち合わせていないように見受けられます。
仮に女性である点を差し引いたとしても、少なくともヒナギクや雪路のような
単独で戦闘可能な領域には到達していない気がしますし。

料理技術については流石に申し分ないのかもしれませんが、
これについてもハヤテや咲夜など、作中には料理の得意な人物が数多くおり、油断はできない状況です。
もっとも、この作品は料理に対する感想は割かしシンプルで済ませられているので、
比較・検証がしにくいという面もあるんですが。

そして、意外と脆いのが精神面。
大人びた雰囲気こそありますが、弱いところを突かれると案外それほどでもないという・・・。

そもそも、年齢面からして13歳組(咲夜は既に14ですが)や16歳組に比べて優位に働くはずであり、
むしろ咲夜とかの方が年齢からすれば異様にハイスペックなようなそうでもないような・・・。


そうはいっても、総合的に見れば抜きん出た存在であるのは間違いないでしょうけど。
紫子さんは病気がちなため、お屋敷に留まる機会が多かった。

そんな紫子さんが、お屋敷にいる時に面倒を見ていたのが、三千院SPアニマル部隊。
紫子さんは彼らの成長を見守り、動物たちもまた、そんな紫子さんを見守る・・・そんな関係。

しかし、自らの命がそう長くはないと悟った紫子さんは、ある決断をする。
この子たちをこれから先も見守ってくれる、そして、動物たちとと共にナギを見守ってくれる、そんな人。


マリアさんだった。

マリアさんは誓った。
これから先もずっと、ナギを見守り続けると。三千院SPアニマル部隊と共に、見守り続けると。



時は流れ、2005年。

高尾山登頂に挑むナギを陰ながら見守ったのは、マリアさんであり、あの三千院SPアニマル部隊だった。
自らの足で、意志で、前に進もうとするナギを、自分たちなりのやり方で応援した。

登頂後、マリアさんで手渡された弁当を開けた。
蓋を開けてみると、そこには動物の顔をイメージした
・・・そう、ここにも三千院SPアニマル部隊の、マリアさんの想いが込められていた。

そして、満面の笑みを浮かべる動物たちの顔には、
誰よりも笑い、皆を幸せな気持ちにした、紫子さんの想いも込められていた。



ナギはその想いを感じながら、1口。


「それで…お味の方はどうですか?お嬢さま。」

「ふん!! 美味いに決まっているではないか!」


最近は割かしニコニコ動画なるものを利用しているのですが、
ブームに混ざってマリアさんバージョンも投稿されていたので、何となく紹介してみます。

・・・マリアさんが持ってるブリ&ハマチは、やはり三千院湖で釣ってきたものなんでしょうかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。