ハヤテのごとく!のマリアさんの幸せを願って止まない、マリアさんFCでした。
当ブログについて
FCへの入会をご希望の方はこちらを、
また、会員となられた方の正式な名簿については、こちらをご覧ください。

banner.png
こちらはバナーです。
貼っていただける方は、お持ち帰りでお願いいたします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本人として、誰もが経験する「加減剰余」の道。
それは数学の基本であり、一生涯ついて回る問題でもあります。

その難題について、私なりに考えてみました。


加:マリアさん+マリアさん=17 ・・・ 「1」
減:マリアさん-マリアさん=17 ・・・ 「2」
剰:マリアさん×マリアさん=17 ・・・ 「3」
余:マリアさん÷マリアさん=17 ・・・ 「4」


ここで、「1」+「2」としてみると
2×マリアさん=34

よって マリアさん=17 ・・・ 「5」


また、「3」×「4」としてみると
マリアさん×マリアさん=17×17

よって マリアさん=17 ・・・ 「6」

したがって、
「1」「2」「3」「4」より「5」「6」が導けるので

マリアさん=17である。



・・・あ、ちなみにこれは、先日ハヤテSNSの日記で書いたものと同じ内容だったりします。
といっても、もう2週間くらい前の話なんですけどね。
実験的に、あちらで書いたネタをブログに投下してみましたとさ。
スポンサーサイト
・可愛い顔をしているのはマリアさん。
・何度も襲われたらキリがないとはマリアさん談ですが、襲いたくなる気持ちは分からなくもない
・マリアさんに構ってもらえるギルバートがひそかに羨ましい
・マリアさんがか弱いかどうかはともかく、守ってあげたい存在であることは確か
バレンタインデーのお話を描く、第4話。
原作に忠実だったので、物語は追わず、気になったところのみ触れてみます。
[ハヤテのごとく!! 第4話「君は僕に似ている」の感想]の続きを読む
随分と遅れての感想ですが、まあ折角なので書いてみます。
タイトルはずばり「そして伝説にならない」ということで、原作と同じです。
[ハヤテのごとく!! 第3話の感想]の続きを読む
諸般の事情で、感想が遅れ気味&更新が滞りがちですが、ご了承ください。
そんな気持ちと共にお送りする、220話の感想です。

[マリアさん@220話]の続きを読む
マリアさんといえばよく「苗字」が議論の対象になるイメージがありますが、
よくよく考えたら「名前」のほうも不思議というか、考えさせられるものがあります。

なぜかというか、名前が「漢字」ではないから。
主要キャラ(どこまでが主要なのかは曖昧ですが)の中で名前に漢字が使われていないのは、
おそらくマリアさんだけ・・・と思っていたら、そういえばもう1人違う人がいましたね。

天王洲「アテネ」。彼女も名前に漢字が使われていません。
過去編に登場した天球の鏡での一件も含め、
やはりこの2人には何か繋がりがあるのかな~と思ったり思わなかったり。

・・・まぁ、マリアにせよアテネにせよ、聖母やら女神やらといった神話に関連した名前というだけで、
漢字表記云々についてはただの偶然でしかないんでしょうけどね。
原作では2年以上音沙汰なしの某女性が登場する
アニメ2期の第2話「マネーのとら」の感想らしきものです。
[ハヤテのごとく!! 第2話の感想らしきもの]の続きを読む
マリアさん。(脱力系無気力。)
フェロモン比率170%アップ(当社比)のマリアさん。
・・・ずっと眺めていると、得体の知れない感情がこみ上げてくるようです。
なんといいますか、卑しい感情というか危険な妄想というか妙な高揚感というか。
伝えたいけど伝えられない。伝えているつもりだけど伝わっていない。
そんなもどかしさを抱えながら書いているかもしれない、219話の感想です。

[マリアさん@219話 「次元の壁があるため僕らの心はお互いうまく伝わらない」]の続きを読む
ナイトメアパラダイスに関連して、少し気になったことを。
ちなみに、微妙にネタバレといえるレベルかもしれません。

[家族への想い]の続きを読む
DS普及の牽引役となった、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」。

このゲームには、プレイヤーの脳年齢を測定する機能があります。
これを継続的にプレイすることで、脳の若返りを直に実感する事ができるのです。

しかし、このゲームの脳年齢測定は、1番若いものでも「20歳」。
17歳にはなりえないので、マリアさんには不向きです。


・・・誰ですか、「37歳」があると言ったのは。
ハヤテのごとく!SNS創設!! (そして僕たちは西へ向かった)

文字通り、ハヤテのごとく!SNSができたらしいので、一応ご紹介。
・・・といっても、私自身、SNSが何なのか理解できていないんですが。
それ以前に、このブログをご覧の方なら既に登録済みのような気もしますが。

[ハヤテのごとく!SNSができたようです]の続きを読む
遂に始まった、ハヤテのごとく!のアニメ2期、その名も「ハヤテのごとく!!」!
深夜34時という謎の時間帯から、本当の深夜枠に収まる事になった本作。
その1話である「禁断のマラソン自由形!」を見た感想でも書いてみます。

なお、私は基本的には原作との比較+α程度の感想しか書かないと思います。
・・・まぁ、アニメ1期との比較に関してのみ、その限りではありませんが。
それと、1期のように最後まで感想を書き続けるかどうかも若干疑わしかったり。
そこは、元々アニメをほとんど見ない人間という事で、ご理解のほどよろしくお願いしたします。
[ハヤテのごとく!! 第1話の感想]の続きを読む
本日4月3日は、咲夜の誕生日。
そこで、今日は咲夜とマリアさんの接点について考えてみようかと思います。

[咲夜とマリアさんの接点]の続きを読む
作中内でマリアさんの名前を呼ぶとき、大抵の人は「マリアさん」と言ってます。
ナギ、帝、クラウスなど、三千院家関係者のみ例外とは言えそうですが。
ただ、この括り方だけで見ると、さん付けでないのは・・・案外重要な要素だったり?
そうなると、今後アーたんとかの絡みでもどうなってくるかは、別の意味で注目かもです。

一方で、読者の大半も「マリアさん」・・・そう呼ぶのが大勢を占めてます。
まぁ、黒いネタ手帳さんなど、ごく一部例外の方もいらっしゃいますが。

性格判断としては、ネット上の主流としては「白」と「黒」でしょうかね?
もっとも、ここ最近はどちらのフレーズも滅多に見かけなくなりましたが。
・・・前者についてはそもそも主張してた人が一握りかもですが、そこは気にしない方向で。

そういえば、ブロガーの中には「女神」という表現をする人も割といたような。
白派はもちろん、新さくら日記さんや意味不明な小部屋さんもそれに当たりますし。
まあ、女神という表現は、マリアさんという存在を極限まで美化しているわけですが。

それ以外だと、何がありますかね?
メイドさん、メインヒロイン、・・・・・・まりあさんじゅうななさい?
人気投票の結果発表をしつつ、物語も一応進んでいる218話の感想です。

[マリアさん@218話]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。