ハヤテのごとく!のマリアさんの幸せを願って止まない、マリアさんFCでした。
当ブログについて
FCへの入会をご希望の方はこちらを、
また、会員となられた方の正式な名簿については、こちらをご覧ください。

banner.png
こちらはバナーです。
貼っていただける方は、お持ち帰りでお願いいたします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーたんと対峙するハヤテ・・・その続きを描く、186話。
アーたんとハヤテの関係の続きが今後描かれるのかどうか、は分かりませんが。
[マリアさん@186話 「閉じられた扉」]の続きを読む
スポンサーサイト
そろそろ、元の「ハヤテのごとく!」が思い出させなくなりつつある今日この頃。
そんな185話も過去編が続いてはいますが、2人の関係には大きな変化が・・・。

[マリアさん@185話 「呪いと対を成すもの」]の続きを読む
ハヤテという少年が、ナギの執事となりました。
その一方でマリアさんは・・・という、第4話の感想です。


[マリアさん@4話 「三千院マリアと秘密の部屋?」]の続きを読む
ロイヤル・ガーデン編に突入し、ずい分と時間が経ちました。
それでも尚、このお話は続きます・・・別れという名の、悲しい結末に向かって。
それだけ、ハヤテのごとく!という物語において重要視されるべきものなのでしょう。

そんな事を考えつつの、184話「左手に愛を誓い」の感想です。

[マリアさん@184話 「別れへの誓い」]の続きを読む
ハヤテのごとく!の単行本16巻を購入しました。
16巻にも当然、マリアさんの魅力が多く含まれています。

とりあえず、ここでは本編以外のマリアさんに触れてみます。
[清涼感に溢れた16巻のマリアさん]の続きを読む
FC2トラックバックテーマ 第530回「ゴキブリに出会ってしまったらまずどうする?」

マリアさんの身の安全を確保。まずはそれからです。
そして、その後は標的の根城を洗い出し、即刻殲滅作戦を開始。
たとえ敵軍の本拠地がロイヤル・ガーデンだろうと、徹底的に叩きます。
殲滅作戦を無事完遂する事ができたら、改めてマリアさんの無事を確認。

しかし、私が未熟であるが故、周囲を散らかしてしまうという展開に。
それでもマリアさんは「そういう一生懸命なところ…キラいじゃないですよ(はぁと)」と言ってくださる。

私は「もう誰も殺さなくて済む・・・」とか言いながら、マリアさんの胸の中で眠る。
支天輪の彼方での双剣士さんより、
マリアさんSS「さぁ、幸せになりなさい」を寄贈していただきました。
本当にありがとうございます!

では、追記からどうぞ。

[SSという名の頂き物]の続きを読む
過去編が尚も続く、第183話「力への意思」の簡易感想です。
[マリアさん@183話「タイトル未定というタイトル」]の続きを読む
マリアさんには白桜だけでなく黒椿も似合いそうです(悪人正機的な意味で)
07/03 20:24

182話の感想に対する拍手コメントのようです。

しかし、悪人正機ですか・・・その考え方もできそうですね。
慈悲の御心というのは、実に奥が深く、中々に理解しにくいものです。

マリアさんというキャラクター性も奥が深く、中々に理解しにくいものですが。
maria17.jpg


・・・すみません、個人的にどうしても書きたくなってしまったので。
*全て仮予定です

今後、定期的にネットラジオを行なおうかとひっそり計画しています。
理由はズバリ、「ハヤテのごとく!は語れば語るほど面白くなる」という自論があるからです。

日程については、基本的には土曜か日曜の午後9時くらいにスタートする・・・かもしれません。
しかし、日曜の場合だと翌日が平日になってしまうので、現状では土曜が候補筆頭です。

仮タイトルとしては「ハヤテのごとく!について語るかもしれないラジオ」。
内容はその週の本誌ハヤテのごとく!の感想か、誕生日の近いキャラについて語るか、
私らしく無計画に情報を発信するか・・・要するにこれについても未定です。


ネットラジオに関するご質問、ご意見、ご感想については随時受け付けておりますので、
ブログ左下のメールフォーム、非公開コメント、ブログ拍手などからどうぞ。
また、ネットラジオで取り上げてほしい話題などもある場合も、ドシドシ(?)ご応募ください。
記名・無記名を問わず、ネットラジオ内で回答をさせていただきます。

なお、放送する場合は前日までにトップページ中央上部に日時を掲載します。
放送URLは開始予定の10分前までに更新・掲示します。



・・・などと言いつつ、いつまで続くのか果てしなく疑問符がつくわけですが、
そこは生暖かい目で見守っていただけると幸いです。
今週も、ハヤテ&アーたんの、ラブラブ過去編でした。

永遠を誓い、互いにそう信じてやまない、幼き少年と少女。
しかし、時が流れる毎に近づく、終わりの予兆・・・という182話。

[マリアさん@182話「次元の壁は森の中」]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。